中国ではインターネットで検索することができない?年に10回中国出張する私が中国でGoogleやLINEを使用できる裏技お伝えします!!

私は2016年から年に10回以上中国に出張に行っています。

最初の中国出張時、何も調べずに中国に行ったところ、スマホやパソコンでGoogleやYahoo!で検索ができない、LINEの新規通知が出るけどいつまでも経っても文章が表示されないなど、インターネットに繋いでいても何もできなくて大変困りました。

 

そんな経験から、日本と同じようにGoogleやYahoo!で検索できる、LINEやTwitter、その他のSNS、スマホアプリなどを自由かつ簡単に使えるようにする方法と、インターネットをつなぐために必須のWi-Fi事情についてもをお伝えします。

メガネ山
前回の中国出張時にも、これからお伝えする方法を知らなかったという中国滞在15年以上の日本人の方に教えたばかりです。

 

VPNを使えば日本と同じようにインターネットを使用できます!

Wi-FiでVPNというシステムを利用することで、日本と同じ様にインターネットを使用できます。

 

中国でVPNを利用しないでインターネットを使用すると、

 

ということで、中国のインターネットの検問(グレートファイアーウォール)にひっかかり、日本で利用していたサービスはほぼ何も使えません。

 

しかし、VPNを利用することで、

となり、日本と同じ様にGoogleやLINEなどを使用できます。

 

中国のネット規制は異常です。

VPNを利用しないと、スマホやパソコンは無駄に大きな時計にしかなりません。

 

VPNはインターネットで検索した内容や、SNSでの発言、登録しているショッピングサイトのあなたの情報(住所やクレジットカード情報など)を暗号化して周りからはわからないようにもしてくれるので、中国でWi-Fiを利用するためには必須です!

 

VPNを使用しないで中国でフリーWi-Fiを利用すると、100%あなたの情報は中国政府に漏れています。

最悪の場合、中国政府だけでなく、フリーWi-Fiを一緒に利用している人、フリーWi-Fiの管理者にもあなたの情報が漏れていると思ってください。

メガネ山
独自ドメインのメールアドレスを使用している場合は中国でもメールできますが、GmailやYahoo!メールアドレスを使用しているとメール出来たり出来なかったりで不安定です

 

VPNの利用方法とオススメ

VPNを利用する方法は2パターンあります

VPNを利用する方法は、

  1. ネットで独自にVPNを提供しているところを探して利用する。
  2. Wi-FiをレンタルするときにオプションでVPNを利用できるようにする。

上記の2パターンのどちらかを利用することになります。

 

今後VPNを利用しないという人は、2番のWi-Fiのオプションでつけてしまうのが簡単です。

ちなみに2番の場合、一番レンタル料が安く、ネット回線が安定していてオプションにVPNがあるイモトのWiFiがオススメです。


しかし、実は日本国内でもVPNを利用するべきというのが個人的な意見です。

その理由については、本記事の下の方でお伝えしたいと思います。

 

1番の【ネットで独自にVPNを提供しているところ探す】という方のため、オススメのVPNについてお伝えします。

 

オススメのVPNはノートンWiFiプライバシーです

ネットで評判が良いとされている無料(VPNMask・PPTP VPN)・有料(VyprVPN・ExpressVPN・ノートンWiFiプライバシー)のVPNを5個試しましたが、その中で一番早くて使いやすいのはノートンWiFiプライバシーです。

 

Wi-FiでVPNを利用すると、通常に利用するよりもサイトの読み込みが遅くなります。

遅くなる具合は利用するVPNにより違います。

メガネ山
無料のVPNは、データ量に制限があったり、サイトの読み込みが遅い、最悪インターネットにアクセスできないなど、検討するだけ無駄なので論外です。

 

ノートンWiFiプライバシーは、私が試した優良VPNの中で一番サイトを読み込むスピードが早かったです。

逆に、他のVPNだと読み込みが遅すぎて、ネットが軽い時間帯でも動画が見れないなど、かなりストレスが溜まるレベルです。

 

後、VPNによっては、中国でインターネットを使用できないというところもあるので、その点は十分気を付けてください!

メガネ山
VPNはグレーゾーンとか違法ではないので、安心して利用してくださいね。

 

中国出張にWi-Fiをレンタルして持って行くべき?

中国のWi-Fi事情を知らないと、Wi-Fiを持って行くべきかどうか迷うかと思います。

 

現在の中国のWi-Fi事情についてお伝えしたいと思います。

 

常時インターネットを利用したい人以外はWi-Fiをレンタルして持ってく必要はありません

中国のホテルや飲食店には、ほぼ無料Wi-Fiがあります。

移動中や訪問した会社以外ではフリーWi-Fiがあるので、Wi-Fiをレンタルして持って行ってもほとんど利用する機会がありません。

 

中国も日本と一緒で情報漏洩対策をしているので、規模の大きな会社や重要な技術を持っている会社に入る際は、カメラ付きのスマホやパソコンを持ち込むことができないので、それを考えるとWi-Fiを持って行く必要性は低いかと思います。

メガネ山
私も最初の数回は念のためと思いWi-Fiをレンタルしていましたが、今ではただ荷物になるだけなので持って行くのをやめました。
最近は、せっかくの異国なので、移動中なども異国文化に少しでも多くふれることに集中しています。

 

Wi-Fiをレンタルして持って行く人にはイモトのWi-Fiがオススメです

上でも書きましたが、常時インターネットを使用したい人には、イモトのWiFiがオススメです。

 

いもとのWi-Fiは一番安くレンタルでき、在庫があれば空港で当日の申し込みもOK、インターネットのスピードも安定、VPNもオプションで付けられます。

 

私が借りたときの状況が良くなかっただけかもしれないため名指しは避けますが、レンタル料が高くてもほとんど電波がはいらなくて使用できないWi-Fiレンタル会社もあったので、いもとのWi-Fiはかなり優秀です。

 

後、中国の建物鉄筋コンクリート造りなので、Wi-Fiの電波もかなり遮断されてしまうので、ホテルなど建物の中でレンタルしたWi-Fiを使用する際は、Wi-Fi機を必ず窓の近くに持って行ってください。
そうしないと、せっかくのWi-Fiもほとんど使い物になりません。


 

メガネ山
いもとのWi-FiはCMを見る限りあまり真面目な会社ではないのかな?と思っていたのですが、サービス・コスパなど、お客への配慮は真面目そのものでした(笑)

 

ご自身のインターネット使用状況に応じて、レンタルするかどうかは決めていただくのが一番かと思います。

 

VPNは日本でも利用するべき

実は、日本でもVPNを利用することを強くオススメします!

 

現在日本国内で多数のフリーWi-Fiが沢山ありますが、フリーWi-Fiを利用している人は必ずVPNを利用してください。

なぜなら、VPNなしでフリーWi-Fiを利用すると、同じフリーWi-Fiを利用している人や、フリーWi-Fiの管理者にはあなたがどんなサイトを見ていたか、何を書き込んだのかなど簡単に調べることができるからです。

 

具体的には、LINEなどのSNSで送った文章や写真・動画、ショッピングサイトで何かを購入しようと入力した住所・電話番号・生年月日・名前・クレジットカード情報などなど全て筒抜けで悪用される可能性があります。

 

よく芸能人の流出画像ということで世に出回ったりしますが、それも最近ではフリーWi-Fiでデータを抜かれたため発生している案件が多くなっています。

 

まとめ

  • VPNを使用することで、中国でも日本同様のインターネット環境を整えることができる。
  • 中国でWi-Fiを利用する際には、自分の情報を守るためVPNが必須。
  • ノートンWiFiプライバシーのVPNがオススメ。
  • Wi-Fiは、自分のインターネット使用頻度に合わせてレンタルするかどうか決める。
  • 日本でも、フリーWi-Fiを使用する人は自分の情報を守るためVPNが必要。

 

中国政府は、ガチガチの情報統制をしてでも政府自身を守ろうとしています。

個人的には、そのような体制はいかがかと思います。

 

最後までご確認いただき誠にありがとうございます。

 

本記事が少しでもお役に立てば幸いです。

 

≫中国出張に絶対に必要な持ち物を知りたい方はこちらの記事もご確認ください。

中国出張に絶対必要な持ち物は8点!年に10回以上中国に出張している会社員が教えます。

2019.01.01