《見間違い??》もしかしたら指名手配犯を発見したかもしれないが、間違ったら申し訳ない。そんなときの対処方法

対処方法

  1. インターネットで警視庁の重要指名手配被疑者のページ(URL:https://www.npa.go.jp/bureau/criminal/wanted/index.html)を開き、見間違いでないか再度確認する。

    出典:警視庁ウェブサイト 加工して作成
  2. 見間違いでない場合は、現在地の最寄りの警察署に電話する。(電話番号を調べるのはこちら→警視庁ウェブサイト URL:https://www.npa.go.jp/link/prefectural.html)
  3. 電話に出た担当者に指名手配犯を見た旨を伝え、いつ、どこ、どの指名手配犯を見たかを伝え、後は指示に従い完了。

犯人かどうか自信がなくても連絡することを警視庁は推奨しています!
あなたの情報が指名手配犯逮捕の近道になるかもしれません!!
ちなみに情報提供者に報奨金(原則300万円まで ※警察庁長官が特に必要があると認める場合は1,000万円を超えない範囲で増額化)が支払われるケースもあります!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です