理容師の国家試験に合格して免許を取得しても、給料が安くて満足に生活ができない?!理容師の給料などについてお伝えします!

理容師は、長時間勤務の割に給料が安いと言われています。

 

今回、厚生労働省の最新統計資料(賃金構造基本統計調査)の中に、理容師の給料が出ていたのを発見しました。

 

ただ、やはり国の資料は小難しく書いてあり、パッと見何が何だかわかりづらいので、なるべく噛み砕いて、

  • 理容師の給料・ボーナス・年収
  • 理容師の年齢別年収
  • 理容師の手取り

といったことを、会社の大きさ毎にまとめました。

 

後、理容師といったら残業して腕を磨く!というイメージが強いと思いますので、残業時間ついてもまとめましたので、一緒にお伝えしたいと思います。

 

ちょっとウンチクですが、多くの人が疑問に思っている、理容師と美容師の違いを簡単にお伝えすると、

理容師は、パーマをかけることができないけど、ヒゲを剃ることができ、身だしなみを整える職業。

美容師は、ヒゲを剃ることができないが、パーマをかけることができ、オシャレにしてくれる職業。

こんな違いがあるとのことです。

 

前置きはこの辺で、本題に入りたいと思います!

 

理容師の給料・ボーナス・年収

理容師の平均年収は295万円程度(平均年齢31.2歳)

理容師の、ボーナスも含んだ年収は295万円程度です。

企業規模(平均年齢) 給料年額(手当含) ボーナス年額 年収(給料年額+ボーナス年額)
10~99人(31.1歳) 2,859,600円 56,500円 2,916,100円
100~999人(30.5歳) 2,958,000円 59,400円 3,017,400円
1000人以上(34歳) 3,075,600円 65,700円 3,141,300円
総合計平均(31.2歳) 2,900,400円 57,900円 2,958,300円

厚生労働省「平成29年賃金構造基本統計調査」より。

 

理容師は基本小規模で、会社の大きさは給料に関係ないのでは?と思っていましたが、予想通り会社の大きさによる給料の差は小さいという結果でした。

 

年間のボーナスが他の職業に比べてあまりにも低いので、その点は働く側からしたらかなり気になりますね。

 

年齢別の年収も記載されていたので、お伝えしたいと思います。

 

会社の大きさ毎の年齢別年収

実際に自分の歳だといくらもらえるのか?ということが気になる方が多いと思いますので、年齢別で年収を簡単にまとめてみました。

 

会社規模10~99人の理容師の年齢別年収

年齢 給料年額(手当含) ボーナス年額 年収(給料年額+ボーナス年額)
~19歳 2,067,600円 0円 2,067,600円
20~24歳 2,256,000円 21,900円 2,277,900円
25~29歳 2,812,800円 46,200円 2,859,000円
30~34歳 3,374,400円 66,700円 3,441,100円
35~39歳 3,973,200円 117,300円 4,090,500円
40~44歳 4,678,800円 135,800円 4,814,600円
45~49歳 4,119,600円 19,800円 4,139,400円
50~54歳 4,345,200円 69,300円 4,414,500円
55~59歳 3,375,600円 68,300円 3,443,900円

 

会社規模100~999人の理容師の年齢別年収

年齢 給料年額(手当含) ボーナス年額 年収(給料年額+ボーナス年額)
~19歳 1,863,600円 0円 1,863,600円
20~24歳 2,272,800円 28,200円 2,301,000円
25~29歳 2,960,400円 41,000円 3,001,400円
30~34歳 4,131,600円 13,900円 4,145,500円
35~39歳 4,767,600円 54,300円 4,821,900円
40~44歳 4,466,400円 141,800円 4,608,200円
45~49歳 4,585,200円 0円 4,585,200円
50~54歳 4,057,200円 425,000円 4,482,200円
55~59歳 3,727,200円 0円 3,727,200円

 

企業規模1000人以上の理容師の年齢別年収

年齢 給料年額(手当含) ボーナス年額 年収(給料年額+ボーナス年額)
~19歳 データなし データなし データなし
20~24歳 2,170,800円 47,700円 2,218,500円
25~29歳 2,580,000円 52,600円 2,632,600円
30~34歳 4,214,400円 69,500円 4,283,900円
35~39歳 3,957,600円 113,100円 4,070,700円
40~44歳 3,534,000円 19,400円 3,553,400円
45~49歳 3,973,200円 0円 3,973,200円
50~54歳 4,419,600円 493,900円 4,943,500円
55~59歳 3,319,200円 0円 3,319,200円

 

全体的に見ると、25~29歳から30~34歳が一番年収が増えています。

 

理容師という専門職であっても、即戦力というのは中々難しいため、ある程度実力がついてきたところで給料が上がるという仕組みが業界を通じて出来上がっているのでしょうか。

 

ここまで税金を気にしないでお伝えしてきましたが、実際の手取りは?と気になる方向けに、ザックリですが試算しましたので、お伝えしたいと思います。

 

平均的な理容師の手取りは?

毎月の理容師の手取りは20万円程度(平均年齢31.2歳)

理容師の毎月の手取りは20万円程度です。

企業規模(平均年齢) 月収(手当含) 毎月の手取り
10~99人(31.1歳) 238,300円 199,000円
100~999人(30.5歳) 246,500円 205,800円
1000人以上(34歳) 256,300円 214,000円
総合計平均(31.2歳) 241,700円 201,800円

 

手取り額の計算について、住んでいる地域や各個人の環境により税金の額が変わるため多少前後しますが、19~21万円程度になります。

 

理容師の一年間トータルの手取りは247万円程度

ボーナスも含めると、平均的な理容師の一年間の手取りは247万円程度です。

企業規模(平均年齢) 一年間トータルの手取り(ボーナス含む)
10~99人(31.1歳) 2,434,900円
100~999人(30.5歳) 2,519,500円
1000人以上(34歳) 2,623,000円
総合計平均(31.2歳) 2,470,200円

 

他職種に比べ、ボーナスが極端に低い上に、基本的な月収もそこまで高くないというデータでした。

よく言われる話ですが、理容師は独立をしないと儲からないという話は本当っぽいですね。

 

しかし、理容師は激務のためお金を使う時間がないというイメージがあります。

その点についてもお伝えしたいと思います。

 

理容師の残業時間は多い?

理容師の残業時間についても、厚生労働省の賃金構造基本統計調査に記載があったので、わかりやすくお伝えしたいと思います。

 

理容師の毎月の残業時間は時間

毎月の理容師の残業時間は平均で時間です。

企業規模(平均年齢) 一ヶ月の残業時間
10~99人(31.1歳) 2時間
100~999人(30.5歳) 12時間
1000人以上(34歳) 21時間
総合計平均(31.2歳) 6時間

 

会社が大きくなるほど残業時間が増えているのがわかります。

 

一日の残業時間に換算すると、平均で一日30分も残業しないということになります。

これぐらいなら許容範囲という方も多いのではないかと思います。

 

下積み時代によくある話ですが、練習時間は勤務時間に入れないというブラックな考えで公式には計上していないという可能性もありますので、悪しからず。

 

まとめ

  • 理容師の平均年収は295万円程度。
  • そこからザックリ試算すると一年間トータルの手取りは247万円程度。
  • 残業は1日30分程度しかない。

 

今回、厚生労働省の調査結果を見てみると、理容師のボーナスが他の職種に比べ極端に少ないということがわかりました。

残業時間が本当にこんなに少ないのか、気になるところです。

 

職業別の年収と残業時間について調べていて面白いと思ったでの、引き続き他の職種についてもまとめていきたいと思います。

 

最後までご確認いただき誠にありがとうございます。