クレジットカードでおすすめのブランドは断トツでVISAです!国際ブランドのシェアを見れば一目瞭然です!

 

クレジットカード大好きメガネ山が、クレジットカードでおすすめの国際ブランドをお伝えします。

 

メガネ山
毎回紹介していますが(汗)、上の写真は私が取得したクレジットカードの一部です。番号を隠すのが大変で全部映すのは断念しました(笑)

 

私は趣味で300種類以上のクレジットカードのことを調べ、その中から厳選して取得しています。

 

色々なクレジットカードのサイトを見ていますが、ポイントの還元率の説明が分かりづらかったり、特典の内容が複雑だったりなど理解にとても苦しむことが多々ありました。

そのため、本サイトはクレジットカードについて簡単、分かり易くをモットーにお伝えしたいと思います。

 

>本記事の内容を動画で確認したいという方はこちらをご覧ください。

 

クレジットカードでおすすめのブランドは断トツでVISAです!

出典:ニルソン・レポート

 

上記は世界の6大国際ブランドの最新シェア率をまとめたグラフです。

ダントツでVISAのシェアが高いことがわかりますね。

 

クレジットカードを使用するにあたり、一番重要視することは【どこでも使えるクレジットカード】ということになります。

 

現在クレジットカードが使える=VISAが使えるということが過言でないくらい使えるお店が多いです。

 

上記のことから、クレジットカードのおすすめブランドはVISAになります。

 

とは言え、多数派に流されたくないという方も少なくないかと思いますので、6大ブランドの特徴について簡単にお伝えしたいと思います。

メガネ山
国によって使えないブランドがあったりするので、もしもの海外のために複数のブランドのクレジットカードを取得しておくことを強くオススメします!

 

中国以外なら世界のどこでも使えるVISA

 

VISAは世界的に見ても使えるお店が一番多く、使用している人が一番多いというブランドになります。(中国を除く)

もちろん日本国内でも一番使えるお店が多いクレジットカードになります。

 

最初の一枚としてVISAを選んでおけば間違いありません。

 

メガネ山
私もクレジットカード第一号はVISAカードでした。

クレジットカードが使えるお店ならほぼ間違いなく使えるので、VISAでよかったと改めて思います。

 

VISAの代表的なカードは三井住友VISAカード

VISAの代表的なカードは三井住友VISAカードなどがあります。

 

もしクレジットカードを1枚も持っていないという人がいましたら、是非下記のリンクから取得してクレジットカードデビューしてみてください。

 

通常年会費が1,250円(税抜)かかるところ、今なら初年度の年会費が無料となっています。

試して合わないようなら初年度中に解約すれば年会費は無料のままで年会費を請求されることはないので、とてもお得です。

 

 

ヨーロッパで使えるところが多い世界No.2のシェア率を誇るマスターカード

 

マスターカードはVISAの次に使えるところが多いクレジットカードです。

 

昔からヨーロッパでの活動を活発に行ってきたこともあり、ヨーロッパで使用できるお店が多いです。

 

日本国内でもVISA並みに使えるお店が多いので、最初の1枚とし選ばれることが多いブランドです。

 

マスターカードの代表的なカードは三井住友マスターカード

マスターカードブランドの代表的なクレジットカードは三井住友マスターカードなどがあります。

 

こちらも最初の一枚として優れたカードになるので、是非入会を検討してみてください。

 

 

近年急激にシェアを拡大している銀聯カード(=ユニオンペイ)

 

近年使えるお店が急速に増えているのが銀聯です。

 

銀聯はユニオンペイとも言われています。

カード発行の大本が中国のブランドです。

 

本ブランドは中国に行く際には必須になります。

中国では他国のクレジットカードをほとんど受け入れてないので、銀聯のクレジットカード以外はほとんど使えません。

メガネ山
最近は日本国内でも銀聯で決算可能なお店がかなり増えてきていますね

 

銀聯の代表的なカードは銀聯カード

銀聯ブランドの代表的なクレジットカードと言えば銀聯カードになります。

 

本カードは永年年会費無料のクレジットカードになるので、中国行くという方は必ず取得してください。

 

 

ステータス性No.1のアメックス(アメリカンエキスプレス)

昔からステータスのあるクレジットカードと言えばアメックスです。

 

他のブランドでは年会費無料で発行しているカードであっても、アメックスを選ぶことで年会費が発生することがほとんどというワンランク上のブランドになります。

年会費が発生するだけあって、そのサービスは他では味わえないものばかりです。

 

アメックスの代表的なカードはアメリカン・エキスプレス・カード

アメックスブランドの代表的なクレジットカードと言えばアメリカン・エキスプレス・カードです。

 

せっかくクレジットカードを持つのだから、ワンランク上のカードが良いという方におすすめのクレジットカードになります。

 

 

日本で生まれた唯一の国際ブランドJCB

 

6大国際ブランドに名を連ねる日本発祥のブランドJCBです。

 

海外では使える場所があまり多くないですが、日本国内ではサービスが充実していて、とてもおすすめのブランドになります。

 

日本のディズニーリゾート内に、JCBのプロパーカード最上位のカード会員のみが抽選で入ることのできる施設があります。

ディズニー好きにもおすすめブランドになります。

 

JCBの代表的なカードはJCB CARD W

代表的なJCBカードと言えばJCB CARD Wです。

 

年会費が永年無料にもかかわらず、とても充実した特典が多数ついています。

 

ディズニーリゾート内の秘密の施設に入りたい方は、是非取得して最上位のカードを目指してみてください。

 

 

アメックスと競うステータス性を持つダイナースクラブ

 

ダイナースは、アメックスと常に比較される高ステータスのブランドです。

 

ステータスを求める人はダイナースかアメックスで分かれます。

 

アメックスとダイナースは共にステータス性が確立されているので、どちらを選ぶかは好みのレベルですね。

 

ダイナースの代表的なカードはダイナースクラブカード

ダイナースの代表的なカードといえばダイナースクラブカードになります。

 

カードのランク的にはアメックスのゴールドカード並みになりますが、ダイナースが発行している最下位のカードがこちらになります。

 

ステータスカードに興味がある方は是非検討してみてください。

 

 

まとめ

  • おすすめの国際ブランドはVISA。
  • ブランド毎に特色があるので、複数所持することがおすすめ。

 

現在日本は国を挙げてキャッシュレス化を進めていることもあり、クレジットカードが必須の時代になってきました。

 

この記事が皆さんの参考になれば嬉しいです。

 

最後までご確認いただき誠にありがとうございます。