警備員の年収は?!正社員の求人を沢山見るけど、仕事内容に給料が合ってないのでは?と不安な方のため残業時間も含め調べました。

警備員は、長時間勤務の割に給料が安いというイメージは一般的にあるかと思います。

 

今回、厚生労働省の最新統計資料(賃金構造基本統計調査)の中に、警備員の給料が出ていたのを発見しました。

 

ただ、やはり国の資料は小難しく書いてあり、パッと見何が何だかわかりづらいので、なるべく噛み砕いて、

  • 警備員の給料・ボーナス・年収
  • 警備員の年齢別年収
  • 警備員の手取り

といったことを、会社の大きさ毎にまとめました。

 

後、警備員といったら長時間勤務!というイメージが強いと思いますので、残業時間についてもまとめましたので、一緒にお伝えしたいと思います。

 

警備員の給料・ボーナス・年収

警備員の平均年収は308万円程度(平均年齢51.2歳)

警備員の、ボーナスも含んだ年収は308万円程度です。

企業規模(平均年齢) 給料年額(手当含) ボーナス年額 年収(給料年額+ボーナス年額)
10~99人(54.6歳) 2,323,200円 56,400円 2,379,600円
100~999人(52歳) 2,720,400円 202,700円 2,923,100円
1000人以上(47.6歳) 3,398,400円 227,700円 3,795,700円
総合計平均(51.2歳) 2,850,000円 232,900円 3,082,900円

厚生労働省「平成29年賃金構造基本統計調査」より。

 

私が以前勤めていた会社の警備員さんは大手警備会社に所属の方で、給料が低いとボヤいていましたが、会社の大きさ次第で100万円以上年収が違うというのは驚きでした。

 

基本的な給料年額で100万円以上違うというのはかなり大きいですね。

 

年齢別の年収も記載されていたので、お伝えしたいと思います。

 

会社の大きさ毎の年齢別年収

実際に自分の歳だといくらもらえるのか?ということが気になる方が多いと思いますので、年齢別で年収をまとめました。

ただ、年収の上がり具合が会社の大きさにより大きく違うため、少し長くなりますが、詳しくまとめてみました。

 

会社規模10~99人の警備員の年齢別年収

年齢 給料年額(手当含) ボーナス年額 年収(給料年額+ボーナス年額)
~19歳 2,192,400円 151,900円 2,344,300円
20~24歳 2,343,600円 74,700円 2,418,300円
25~29歳 2,439,600円 72,000円 2,511,600円
30~34歳 2,643,600円 146,100円 2,789,700円
35~39歳 2,617,200円 112,500円 2,729,700円
40~44歳 2,662,800円 55,800円 2,718,600円
45~49歳 2,437,200円 41,800円 2,479,000円
50~54歳 2,487,600円 54,900円 2,542,500円
55~59歳 2,353,200円 59,200円 2,412,400円

 

会社規模100~999人の警備員の年齢別年収

年齢 給料年額(手当含) ボーナス年額 年収(給料年額+ボーナス年額)
~19歳 2,505,600円 69,000円 2,574,600円
20~24歳 2,655,600円 210,500円 2,866,100円
25~29歳 2,854,800円 271,200円 3,126,000円
30~34歳 3,069,600円 358,500円 3,428,100円
35~39歳 3,211,200円 387,100円 3,598,300円
40~44歳 3,124,800円 306,500円 3,431,300円
45~49歳 3,126,000円 342,300円 3,468,300円
50~54歳 2,926,800円 220,700円 3,147,500円
55~59歳 2,739,600円 211,100円 2,950,700円

 

企業規模1000人以上の警備員の年齢別年収

年齢 給料年額(手当含) ボーナス年額 年収(給料年額+ボーナス年額)
~19歳 2,973,600円 102,100円 3,075,700円
20~24歳 3,236,400円 231,500円 3,467,900円
25~29歳 3,364,800円 538,700円 3,903,500円
30~34歳 3,696,000円 574,400円 4,270,400円
35~39歳 3,915,600円 618,600円 4,534,200円
40~44歳 3,820,800円 560,600円 4,381,400円
45~49歳 3,711,600円 504,300円 4,215,900円
50~54歳 3,576,000円 404,700円 3,980,700円
55~59歳 3,279,600円 318,400円 3,598,000円

 

会社の大きさに限らず、30代~40代が年収のピークのようです。

 

警備員という体を張る仕事のため、人間が一番働き盛りと言われる年齢が年収のピークということは納得できますね。

 

ここまで税金を気にしないでお伝えしてきましたが、実際の手取りは?と気になる方向けに、ザックリですが試算しましたので、お伝えしたいと思います。

 

平均的な警備員の手取りは?

毎月の警備員の手取りは19万円程度(平均年齢51.2歳)

警備員の毎月の手取りは19万円程度です。

企業規模(平均年齢) 月収(手当含) 毎月の手取り
10~99人(54.6歳) 193,600円 161,700円
100~999人(52歳) 226,700円 189,300円
1000人以上(47.6歳) 283,200円 236,500円
総合計平均(51.2歳) 237,500円 198,300円

 

手取り額の計算について、住んでいる地域や各個人の環境により税金の額が変わるため多少前後しますが、16~23万円程度になります。

 

警備員の一年間トータルの手取りは257万円程度

ボーナスも含めると、平均的な警備員の一年間の手取りは257万円程度です。

企業規模(平均年齢) 一年間トータルの手取り(ボーナス含む)
10~99人(54.6歳) 1,987,000円
100~999人(52歳) 2,440,800円
1000人以上(47.6歳) 3,169,400円
総合計平均(51.2歳) 2,574,200円

 

ぶっちゃけた印象で、体を張るという危険な仕事内容に比べ、一年間で手取り257万円は少ないと思います。

おそらく警備員については、早々に機械化(AI)化されていくでしょう。

 

危険と隣り合わせという仕事内容に加え、お給料が安いとなれば、警備員さんになりたいという人はどんどん減る一方です。

 

ここまでで警備員は年収があまり高くないうことはわかりましたが、残業時間についてもお伝えしたいと思います。

 

警備員の残業時間は多い?

警備員の残業時間についても、厚生労働省の賃金構造基本統計調査に記載があったので、わかりやすくお伝えしたいと思います。

 

警備員の毎月の残業時間は23時間

毎月の警備員の残業時間は平均で23時間です。

企業規模(平均年齢) 一ヶ月の残業時間
10~99人(54.6歳) 12時間
100~999人(52歳) 21時間
1000人以上(47.6歳) 35時間
総合計平均(51.2歳) 23時間

 

会社が大きくなるほど残業時間が増えているのがわかります。

 

一日の残業時間に換算すると、平均で一日1時間くらい残業するということになります。

これぐらいなら許容範囲という方も多いのではないかと思います。

 

本記事で記載した給料について、残業代を含んだ金額のため、残業が無いと記載の給料より更に低くなってしまいます。

 

まとめ

  • 警備員の平均年収は308万円程度。
  • そこからザックリ試算すると一年間トータルの手取りは257万円程度。
  • 残業は1日1時間程度する。

 

今回、厚生労働省の調査結果を見てみると、危険性の割に警備員の給料は思ったよりも低く、残業代で稼いでいるという部分が大きいということがわかりました。

 

職業別の年収と残業時間について調べていて面白いと思ったでの、引き続き他の職種についてもまとめていきたいと思います。

 

最後までご確認いただき誠にありがとうございます。