クレジットカードのセキュリティーコードの桁数は全て3桁?例外があるので気を付けてください!

クレジットカード大好きメガネ山が、クレジットカードのセキュリティーコードの桁数についてお伝えします。

メガネ山
毎回紹介していますが(汗)、上の写真は私が取得したクレジットカードの一部です。番号を隠すのが大変で全部映すのは断念しました(笑)

 

クレジットカードを持っていても、インターネットで買い物をしないとセキュリティーコードを使用しないので、どれがセキュリティーコードなのかわからないですよね。

 

本記事ではセキュリティーコードの桁数についてお伝えします。

 

アメリカン・エキスプレス以外のセキュリティーコードは3桁です

 

アメリカン・エキスプレス(以下アメックス)のクレジットカードはセキュリティーコードは4桁ですが、それ以外のクレジットカードは全て3桁になります。

 

下の写真がアメックス以外のクレジットカードのセキュリティーコードが書いてある場所です。

出典:SMBCウェブサイト

 

クレジットカードの裏面中央右寄りの部分に3桁のセキュリティーコードが書いてあります。

 

しかし、アメックスだけはクレジットカード表面の右の方に4桁のセキュリティーコードが書いてあります。

出典:アメックスウェブサイト

 

通常セキュリティーコードというと3桁で裏面に書いてあると言われているのは、国際ブランドのシェア率を見るとよくわかります。

 

アメックスの世界的なシェア率は5%しかない

出典データ元:ニルソン・レポート

 

セキュリティーコードが唯一4桁のアメックスは世界的に5%のシェアしか占めていないので、セキュリティーコードは通常3桁と言われています。

 

各国際ブランドの代表的なクレジットカードを知りたい方はこちらの記事もご確認ください。

クレジットカードでおすすめのブランドは断トツでVISAです!国際ブランドのシェアを見れば一目瞭然です!

2019.03.24

 

まとめ

  • 通常セキュリティーコードは3桁。
  • アメックスだけセキュリティーコードは4桁。

 

セキュリティーコードとカード番号を他人に知られるとインターネットで買い物を出来てしまうので、セキュリティーコードは他人に知られないように十分注意してください。

 

本記事が皆さんのお役に立てば幸いです。

 

最後までご確認いただきありがとうございます。